リゾートバイトで後悔?…おすすめの派遣会社はココ!

おすすめのリゾートバイト派遣会社4社をご紹介

こんにちは、最新の “お役立ち情報” をご紹介する[R★Style]の横山です。

今回は【リゾートバイト専門派遣会社】についてリサーチしてみました。

リゾートバイトには良い部分もあれば、もちろん悪い部分だってあります。

その辺をまとめてみましたので、どうぞ参考にしてください。

リゾートバイトとは?

リゾートバイトとは、リゾート地に住み込みで働くスタイルのアルバイトのことです。

日本全国津々浦々、北海道から沖縄までの広いエリアの中で、旅館・ホテル・テーマパークなどの受付・売店、仲居、テーマパークスタッフ、マリンスタッフなど様々な職種からお仕事を選ぶことができます。

通常のアルバイトの場合は自宅から通うので、時間給分のお給料しか受け取ることができませんね。

しかし、リゾートバイトの場合は、ほとんどの仕事が住み込みになるので、家賃・光熱費・食費・交通費がかかりません。

そのため、生活に必要な経費を最小限に抑えることができるのです。

生活費が最小限で済むということは、貯金をしっかりすることができるということです。

また、リゾートバイトというと、大学生なども若い世代の人しかいないと思いがちですが、実はリゾート地でのバイトを希望する人の年代は幅広く、10代~40代の方たちが広く利用をしています。

働く期間も数日間だけの超短期間のものもあれば、1年以上の長期に渡るバイトもあり、自分の希望する期間だけ働くことが出来るというのも魅力的です。

リゾートバイトのメリット!


ではリゾートバイトで働くメリットとデメリットはどんなものがあるのかみてみましょう。

実際に働いたことのある人のリアルな口コミを集めましたので、どうぞ参考にしてください。

最初に “良かった” という良い口コミからです。


「温泉旅館で年末年始含めて1ヶ月ほど働いたのですが、普通のアルバイトと比較すると断然稼げました。
住み込みということで働く拘束時間も長くなるためか、普通のアルバイトよりも時給が高めだったからです。
それから、何より支出もかなり抑えることができました。
おかげさまで1ヶ月で20万円貯めることができました。」


「留学資金を貯めたくて、今まで働いていたアルバイトを辞めてリゾートバイトをすることにしました。
実際にバイトをしてみて、目的の通り貯金ができることはもちろんなのですが、思わぬ副産物的なメリットは英会話力が伸びたことでした。
今、日本のリゾート地は場所によっては、日本人よりも海外の旅行客のほうが多いです。
たまたま選んだ場所が3組に1組は海外の方だったので、留学に行く前に英語を使う環境に身を置くことができました。」


「沖縄に移住をしたくて、その前にリゾートバイトで沖縄で働いてみようと思い、働き始めました。
住み込みの場所は可もなく不可もなくという感じでしたが、バイト仲間が沖縄が好きという人たちばかりで会ったその日から意気投合!
休みの日は離島に旅行に行ったり、観光に行ったりして楽しめました。
バイト仲間を遊ぶことが多かったので、お金は全然貯まらなかったけど、大好きな沖縄で素敵な友人もできたし、地元の知り合いも増えたし、最高のバイトでした。」


「スキー場のリフト係をバイトでしていました。
働く場所が外なので、寒いと言えば寒いのだけど、スノーボードがやりたくてリゾートバイトをしに行っていたので、寒い環境は慣れたもの。
単調な仕事だったけど、可愛い女の子を見つけるのは楽しかったです。
何よりリゾートバイトの魅力は福利厚生が付いているところ!
僕のバイト先はスキー場で滑り放題だったので、休みの日はスノーボードばっかりしていました。
普通のアルバイトだと、好きなスノーボードをしたいと思うと、移動距離もお金もかかるけれど、リゾートバイトなら移動距離もなし、タダで滑り放題。
また、来年も冬になったら滑りにバイトをしに行こうと思っています。」

リゾートバイトのデメリット!


リゾートバイトは良いことだけではありません。

次に “悪い口コミ” もしっかり確認してみましょう。


「旅館の仲居のリゾートバイトをしていました。
確かに貯金は1ヶ月で15万円ほどすることができたのですが、とにかく仕事がきつかったです。
慣れない環境で住み込み。
更に今までそんなに運動するようなことをしてこなかった私にとっては、布団の上げ下ろしをするだけで翌日から全身筋肉痛でした。
更に宴会の料理の配膳も思った以上に重労働で、ただただ働いて寝るを繰り返したリゾートバイト生活でした。
リフレッシュできる環境もなく、もう行くことはないと思います。」


⇒リゾートバイトの場合、普通のアルバイトと比べると1日の拘束時間が長い職場も多くあるようです。

特に旅館やホテルなどの宿泊業の場合、1日の労働時間が12~13時間になることもざらのようです。

リゾートバイトは肉体労働に当たるものが多いので、自分の体力でまかなえる仕事内容かどうかを、しっかり確認しておきたいものですね。


「囚人部屋のような住み込み部屋でした。
仕事はレストランのスタッフで、今までしたことのあるような接客の仕事で楽でしたが、とにかく住環境が最悪!
日当たりは悪いし、壁も本当な白いはずなのに黄ばんでいて、なんだか気味が悪い。
私以外にもう一人、相部屋の人がいたので良かったのですが、多分あの部屋に一人だったら怖くて睡眠不足になっていたように思います。
リゾートバイトは、働く場所や仕事内容も大切だけど、住環境のチェックは特に念入りにしていただくことをおすすめします。」


⇒住み込みで家賃がかからないというのは、リゾートバイトの魅力の一つですが、どんな環境のところに住めるのかは選んだバイト先によって千差万別のようです。

いわゆる普通の一人暮らしのような個室を割り当てられ、ストレスなく過ごしたという口コミも多かったのですが、この人のようにとにかく住環境がストレスになってしまう部屋だったという場合もあります。

心地よく働くには住まいの環境はとても大切です。

バイト先を決める前に、派遣会社に住まいの環境を聞いておくようにしましょう。


「マリンスポーツができるようなリゾート地をバイト先に選び、2ヶ月間リゾートバイトを経験しました。
仕事自体はショップの受付やマリンスポーツに来た人のサポートが中心で、それなりに満足のいくものでしたが、とにかく若い人たちが職場に多くて馴染むことができませんでした。
仕事中も私語が多い、仕事が終わると外に出かけて騒いで帰ってくるなどです。
友達とただ遊びに来ているだけのような態度で、正直彼らと同じような空間で仕事は二度としたくありません。
リゾートバイトも働く先によってはこのような経験はしないのだと思いますが、もうこういったバイトをすることはないと思います。」


「リゾートホテルでアルバイトをしていました。
バイトに行った初日にびっくりしたのが、職場で一緒に働く人たちの人間関係の悪さ。
お客さんの前では普通にしているけれど、他の従業員の悪口は当たり前で、私も慣れない仕事で失敗をすると、古巣の従業員の人から嫌味を言われる始末でした。
たまたま運が悪かったのかもしれませんが、リゾートバイトの仕事があるような場所で働く人たちは、コミュニケーション下手な人が多いのかなという印象で、正直、全然楽しくありませんでした。」


⇒仕事の楽しさを左右する一番大きな要因が、人間関係です。

住まいの環境はいまいちでも、リゾートバイトで出会った人たちと意気投合をして最高だったと言っている口コミもあれば、この人のように人間関係が悪くて、バイトが全く楽しくなかったと感想をもらしている人もいます。

人間関係ばかりは行ってみないと分からないところではありますが、どうしても合わない時には、派遣会社と相談をして途中で帰るという選択肢もあります。

他にもリゾートバイトできる場所はたくさんありますからね。

リゾートバイトを選ぶ時の注意点!

リゾートバイトは全国合わせると800件ほどの中から働く場所を選ぶことができます。

リゾートバイトと一言で言っても、働くエリアも場所も職種も幅広いからこそ、職場選びには失敗したくないですよね。

リゾートバイト選びで失敗することがないように、選ぶ時の注意点をまとめてみました。


1、体力をどれだけ必要とする仕事か?

リゾートバイトで働いた人の口コミを調べてみると、体力的にキツい仕事を選んでしまったことで後悔をしている人が多数見られました。

例えば、旅館の仲居の仕事であれば、布団の上げ下ろしの仕事があります。

普段、大して運動をしていない人の場合、かなりの重労働になってしまい、仕事を続けること自体が困難になってしまうこともあります。

そのため、事前に「どの程度の体力を必要とする仕事か?」を確認しておくようにしましょう。


2、1日の拘束時間はどのくらいか?

リゾートバイトは短期間で稼げて、また生活するコストを安く抑えられるため、お金が貯まる理想的なバイトと言えます。

しかし、働く場所によって1日の拘束時間が大きく異なります。

普通のバイトだと、1日8時間の拘束時間の場合が多いのですが、リゾートバイトはその限りではありません。

長いところだと、1日10時間以上の拘束時間になるところもあります。

また、早朝から働き、仮眠をとってからまた働くというスタイルのバイト先もあります。

拘束時間が長いと、収入は増えます。

しかし、例えば夜はどこかに遊びに行きたいなど、リゾートバイトならではの過ごし方を満喫したい場合は希望が叶わなくなってしまう可能性があります。

希望に合う時間の使い方ができるかどうかを確認しておくようにしましょう。


3、住環境は?

衣食住を提供してもらえることが多いリゾートバイト。

一見、「なんて嬉しい条件なのだろう!」と思いがちですが、住環境の確認を怠ると一気にリゾートバイトが残念な思い出に変わってしまいます。

どんな住まいを用意してくれているのか?一人部屋なのか?大人数で寝泊まりする部屋なのか?賄いはどんなものが出るのか?事前に確認しておくようにしましょう。

また、忘れがちですが、徒歩圏内にコンビニがあるかどうか、キッチンを使って自分で料理をしても良いかどうかも確認しておくと良いでしょう。


4、福利厚生は?

リゾートバイトの魅力の一つとして、充実した福利厚生があります。

この福利厚生は、働く先によってまちまちです。

例えば、温泉旅館であれば温泉に入り放題というところが多いですし、スキー場であれば、休みの日に滑り放題という福利厚生を用意してくれているところも多いです。

その場所に行かないと満喫できないことを、勤務先が用意してくれているのは嬉しいですよね。

リゾートバイトが満喫できるように、福利厚生についてもリサーチしておくことをおすすめします。


5、職場の人間関係は?

仕事が楽しいか楽しくないかを左右する、一番のポイントは「人間関係」です。

せっかく住む場所を変えてバイトをするなら、良い出会いも欲しいし、恵まれた人間関係のところで働きたいですよね。

だからこそ、そのバイト先に雰囲気や平均年齢、以前に働いたことがある人がいる場合はその人の感想などを、派遣会社から聞いておくようにしましょう。

最終的には行ってみないとわかりませんが、もし質問をしてみて担当者が口ごもるようなことがあれば、多分そのリゾートバイト先は止めておいたほうが良いでしょう。


6、語学力は必要か?

今や日本の観光業は海外からの旅行客が支えていると言えます。

そのため、リゾートバイト先で語学力が求められることは十分にあり得ます。

もし、語学力を付けたいと考えているのであれば、その言語を使えるバイト先を選べば実践を積むことができ、一石二鳥です。

逆に、あまり日本語以外の語学が得意でないという人の場合は、語学力を求められるかどうかを確認しておいたほうが良いでしょう。

意外と多かったのがリゾートバイトをきっかけに正社員!

一通りリゾートバイトを選ぶ時の注意点をチェックしたところで、再度、先輩たちの良い体験談をみてみましょう。


「元々正社員として働いていたのですが、過労で倒れたことをきっかけに退職をし、それから社会復帰するタイミングを失ってしまっていました。

このままニートはまずいだろうと思いながらも、いきなりの就職活動はハードルが高く、試しに3ヶ月間北海道でリゾートバイトをしてみることにしました。

コミュニケーションが苦手で最初は緊張していたのですが、部屋が一緒だった先輩が気の合う人で、職場に馴染むことができました。

何か事情を抱えて働きにきている人も多い印象で、そのおかげで人生で失敗しているのは自分だけじゃないんだと勇気をもらうこともできました。

3ヶ月のバイト期間の間に生活リズムを取り戻すことができて、また働き始めよう!というきっかけを掴むことができました。」


「とても綺麗なリゾート地のホテルがバイト先でした。

現地についてから、こんなに綺麗な場所での仕事、私に務まるのだろうかとかなり不安だったのですが、社員の方が丁寧に教えてくださり、楽しく仕事をすることができました。

実は、今ではそのバイト先の社員になっています。

働きやすい職場に出会わせてくれたリゾートバイトに感謝しています。」


「40代で、なかなか就職先も見つからずに困っていました。

その時に見つけたのがリゾートバイトでした。

バイト先を探している中で見つけたのが、若い時に憧れていた牧場の仕事です。

ありがたいことに、無事採用していただき、住み込みで働かせてもらうことになりました。

慣れない牛の世話、牛舎の掃除などは思った以上に重労働で大変でしたが、牧場のオーナー夫妻はとても優しく、また都会を離れて自然に触れて生活をすることで心がとても癒されました。

一見、働き口がたくさんある都会は、歳を重ねると逆に就職ができなくて、とても苦労しました。

リゾートバイトだと人手が足りなくて困っているところも多く、私のように40代後半でも働き口が見つかりやすいように思います。」


リゾートバイトが良い思い出になった人、そうでなかった人、両方が存在するのが現実です。

だからこそ、事前にしっかりと勤務条件や就業環境を確認しておくことが大切と言えます。

それから意外と多かったのが、リゾートバイトをきっかけに正社員に登用されたという声です。

正社員登用が約束されているものではありませんが、リゾートバイトで色々な職場を経験してみるというのも良いかもしれませんね。

リゾートバイトの派遣会社を選ぶ際のポイント!

リゾートバイトを行って良かった!…というものにするためには、派遣会社の力が必要不可欠です。

また、どの派遣会社を選ぶかによって、同じ仕事であったとしても時給が異なることもあります。

折角なら、信頼できる派遣会社を選びたいですよね。

ということで、リゾートバイトの派遣会社を選ぶ時のポイントについてまとめてみました。


1、求人数が多いこと

いくら派遣会社に登録をしても、扱っている求人数が少なければ話しになりません。

求人数が多ければ多いほど、条件に合うバイト先を紹介してもらいやすくなるので、求人数が多い派遣会社を選ぶようにしましょう。


2、時給が高いこと

同じバイト先の仕事でも、登録している派遣会社が違えば時給が異なります。

何故なら、私たちはバイト先と雇用契約をしているのではなく、派遣会社と雇用契約をしているからです。

せっかく働くなら、時給が高いほうが良いですよね。

何社か登録をしてみて、提示してくれる時給が高い派遣会社を見つけるようにしましょう。


3、フォロー体制がしっかりしていること

就業がはじまってからバイト先で何かあった場合に、相談に乗るのも、派遣会社の役割です。

リゾートバイトを始めてみたら、実は思っていた環境と違ったということや、聞いていた条件と違うということも残念ながら起こり得ます。

そんな時に、相談しやすい環境を作っておきましょう。

多くの派遣会社の場合、就業中にフォローをしてくれる担当が付きます。

登録時にフォロー体制を聞いておくと良いですね。


4、バイト先の就業環境の情報をしっかり持っていること

リゾートバイトの場合、どのバイト先を選ぶかによって、衣食住の環境も大きく変わってきます。

生活の基本である衣食住にストレスがかかってしまうと、せっかくのバイト生活を楽しむことはできないでしょう。

だからこそ、就業環境・衣食住の環境の情報をしっかりと把握し、応募者に伝えてくれる派遣会社を選びましょう。

もし、質問があるのであれば、うやむやにせずに聞くようにしましょう。

その時に曖昧にせず、しっかりと答えてくれる派遣会社が信頼できる派遣会社です。


5、就業する派遣先への派遣実績を持っていること

リゾートバイト先が決まって、働き始めてから「こんなはずじゃなかった!」とならないようにするためには、派遣会社からの事前情報が何より大切です。

既に、そのバイト先に派遣をした実績がある派遣会社だと、様々な情報を持っているはずです。

バイト先を紹介された際に、「ここのバイト先に派遣されたことは過去にありますか?」と質問をし、生きた情報を持っている派遣会社かどうかを確認するようにしましょう。

おすすめのリゾートバイト派遣会社を紹介します!

選ぶ派遣会社によって、あなたのリゾートバイトの満足度が変わる!…と言っても過言ではありませんよ。

ではここからは求人数・実績・そしてフォロー体制も万全のおすすめの派遣会社を4社ご紹介させていただきますね。


おすすめのリゾートバイト派遣会社【はたらくどっとこむ(アプリリゾート)】

【特徴】

はたらくどっとこむ(アプリリゾート)は、とにかくバイトが探しやすいのが特徴です。

「エリア」「都道府県」「期間」という条件だけでなく、「職種」「こだわり」「リゾートタイプ」で求人を検索する機能があり、理想の求人がとても探しやすいです。

また、リゾートバイト終了後の新しいチャレンジをサポートする制度が充実しています。

もう一度リゾートバイトをしたいという希望から、上京したい、留学・ワーホリに行きたいという希望まで、幅広くサポートをしてくれるのが嬉しいですね。


【リゾートバイトの一例】


1、香川県・丸亀にあるホテルでのレストランサービス業務

四国一のビックテーマパーク内でのお仕事で、リゾートバイトで働いている派遣人数が50人以上!

個室完備、時給1000円、徒歩2分のところにローソンもあります。


2、北海道・洞爺湖のリゾートホテルでの調理業務

アプリリゾートのスタッフだけで20人以上が働いています。

個室寮・WiFi環境完備・休日の日も栄養士さんが作った食事の用意有り・時給950円です。


3、長野県・蓼科温泉のレストランサービス業務

夏でも気温が25度前後と非常に過ごしやすいリゾート地でのお仕事です。

1Kの寮を完備・時給1000円、徒歩圏内にコンビニ・スーパー・マクドナルド・飲食店・ヤマダ電機・薬局・ユニクロなどがあり非常に生活しやすい環境です。


公式サイト

おすすめのリゾートバイト派遣会社【はたらくどっとこむ(アプリリゾート)】はコチラへ


おすすめのリゾートバイト派遣会社【アルファリゾート】

【特徴】

アルファリゾートも全国のリゾートバイト先を持っており、非常に求人数が多い派遣会社です。

特徴的なのは、一定期間就業をするとTポイントが貯まるということ。

そして、「EXETIME」というモノ体験・コト体験をスタッフの方にプレゼントするという嬉しい企画も用意してくれています。


【リゾートバイトの一例】


1、沖縄県・石垣島のハイクラスホテルでのゲストサービス業務

従業員数400名の大きなホテルでのお仕事です。

近くにダイビングスポットがあり、休日にマリンスポートを楽しむことができます。

時給850円、個室寮、近隣にコンビニとスーパーも揃っています。


2、新潟県・佐渡島の老舗ホテルでの仲居業務

日本海が目の前に広がるホテルでの接客業務のお仕事です。

時給1100円で、ホテルから徒歩1分の場所に個室寮が完備されています。


3、京都・嵐山の高級温泉旅館でのレストランホール業務

外国人のお客様が3割を占める高級旅館でのお仕事です。

時給1080円、個室寮完備。京都も中心街まで30分、大阪まで1時間で出られる好立地が特徴的です。


公式サイト

おすすめのリゾートバイト派遣会社【アルファリゾート】はコチラへ


おすすめのリゾートバイト派遣会社【リゾバ.com】

【特徴】

リゾバ.comも全国各地の人気リゾート地の求人を紹介してくれます。

求人数は2000件以上です。

札幌から沖縄まで9つの支店を構えているので、何かあった時に訪問できる事務所が近くにあるというのも安心です。


【リゾートバイトの一例】


1、広島県・宮島にある飲食店での接客業務

お食事処での接客配膳業務。

外国人観光客の方が多く来るため英語のメニューも用意されています。

英語を活用したい人にオススメのバイト先です。

時給1050円、個室寮完備。


2、宮城県・仙台・秋保温泉での事務・宿伯予約業務

リゾートバイトではあまり数が多くない事務のお仕事です。

時給900円、仙台のも近いので休日はショッピングを楽しむこともできます。

社員寮完備。


3、沖縄県・恩納村にあるホテルでのホール業務

リゾートバイトのスタッフが多数活躍している職場です。

リゾート地ならではの可愛らしい制服でのお仕事です。

時給750円、寮は個室もしくは相部屋が用意されています。


公式サイト

おすすめのリゾートバイト派遣会社【リゾバ.com】はコチラへ


おすすめのリゾートバイト派遣会社【リゾートバイト.com】

【特徴】

リゾートバイト.comも非常に求人数が多い派遣会社です。

求人職種も多彩で、アルバイトだけでなく正社員募集も掲載されています。

好条件のリゾートバイトが探しやすいです。


【リゾートバイトの一例】


1、山梨県・富士吉田の旅館での仲居業務

東京までバスで2時間で出れる好立地です。

時給1210円~、毎月ボーナス支給ありと非常に好条件の求人です。


2、神奈川県・箱根にあるリゾートホテルでのレストラン接客業務

新しくできたばかりのホテルでリゾートバイトで活躍している人が多数います。

時給1100円、近くにコンビニが2件あり周辺環境も充実しています。


3、沖縄県・宮古島にあるリゾートホテルでのレストラン業務

海がとにかく綺麗な人気スポット宮古島でのリゾートバイトです。

時給950円、個室寮完備、エリア内のプライベートビーチを無料で使うことができます。


公式サイト

おすすめのリゾートバイト派遣会社【リゾートバイト.com】はコチラへ

まとめ

さて、いかがでしたか。

リゾートバイトと聞くと、慣れない土地に行く不安があるかもしれませんが、信頼できる派遣会社を選べば、充実したリゾートバイトライフを送ることができるでしょう。


【お勧めのリゾートバイト派遣会社】

リゾートバイト終了後の次のステップへのサポートも希望する場合ははたらくどっとこむへ。

【はたらくどっとこむ】はコチラへ



時給だけでなくポイントやプレゼントなどの特典も欲しいという人はアルファリゾートへ。

【アルファリゾート】はコチラへ



全国に支店(9支店)を構えている安心感が欲しいならリゾバ.comへ。

【リゾバ.com】はコチラへ



好条件のリゾートバイトを探す快適さを求めているならリゾートバイト.com

お勧めのリゾートバイト派遣会社【リゾートバイト.com】はコチラへ



■LINK■